[PR]

 岩手県滝沢市でアイドルグループAKB48のメンバーら3人が握手会中に切りつけられた事件で、傷害と銃刀法違反の罪に問われた無職梅田悟被告(24)=青森県十和田市=に対し、盛岡地裁は10日、懲役6年(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。岡田健彦裁判長は「残忍で一歩間違えれば命さえ奪いかねない危険な犯行だ」と述べた。

 判決によると、梅田被告は昨年5月25日午後4時55分ごろ、握手会場でメンバーの川栄(かわえい)李奈さん(19)と入山(いりやま)杏奈さん(19)、男性スタッフを、カッターナイフの替え刃を取り付けたノコギリで次々に切りつけ、重傷を負わせた。

 弁護側は、被告は反省しているとして情状酌量を求めたが、岡田裁判長は「責任は重大で、無差別的な傷害事案の中でも非常に重い」と指摘。同じようなイベントが中止になったり、警備の強化を余儀なくされたりしたことに触れ、「社会的影響も軽視できない」と述べた。