[PR]

 STAP細胞論文をめぐる研究不正で、理化学研究所は10日、関係者の処分を発表した。筆頭著者の小保方晴子元研究員は懲戒解雇に相当するとした。ただ、小保方氏は昨年12月に退職したため、実際には処分できない。また、研究費の返還請求や刑事告訴を検討しているという。

 論文作成時に理研に属していた共著者の若山照彦・山梨大教授は出勤停止相当とし、理研の客員主管研究員から外した。共著者の丹羽仁史・理研チームリーダーは文書による厳重注意に、論文発表時に発生・再生科学総合研究センター長だった竹市雅俊氏(現・多細胞システム形成研究センター特別顧問)は譴責(けんせき)にした。処分は1月29日に理事会で決めた。

 昨年1月に英科学誌ネイチャーに発表され、7月に撤回されたSTAP論文では、2度にわたって設置された理研の調査委員会で画像の捏造(ねつぞう)や改ざんなど小保方氏による計4件の不正が認定された。就業規程では小保方氏は懲戒解雇か諭旨解雇にあたり、堤精史人事部長は「社会的影響の大きさを踏まえて判断した」と説明した。心理的負担を懸念して退職を認めたが、不正の当事者なので処分相当を公表したという。

 小保方氏らへの返還請求を検討…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも