【動画】ツルハHD堀川政司社長が会見=山本裕之撮影
[PR]

 大手薬局チェーンのツルハホールディングス(HD)の子会社「くすりの福太郎」(千葉県鎌ケ谷市)の小川久哉社長が10日記者会見し、調剤薬局で大量の薬剤服用歴(薬歴)を記載せずに診療報酬を請求していたことを認めた。不適切に得た報酬は返金した上で「責任を取る」と述べ、退任する意向を示した。

 本社であった会見で小川氏は「管理監督ができていなかった。申し訳ありませんでした」と謝罪。不適切な請求で得た診療報酬の確認調査をツルハHDが進めていることを明らかにした。確認できた分については、健康保険組合などの保険者のほかに、自己負担分を払った患者に通知して返金するという。

 今後は薬剤師が薬歴を適切に記載・管理する体制にするために、約10店舗の閉店を検討しているという。小川氏は「社内体制の改善や返金のメドがつき次第、責任を取る」と話した。

 福太郎は全店で、1カ月に18…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら