[PR]

 着物でも着換えて、こっちから平岡(ひらおか)の宿を訪ねようかと思っている所へ、折よく先方(むこう)から遣(や)って来た。車をがらがらと門前まで乗り付けて、此所(ここ)だ此所だと梶棒(かじぼう)を下(おろ)さした声は慥(たし)かに三年前(ぜん)分れた時そっくりである。玄関で、取次の婆(ばあ)さんを捕(つら)まえて、宿へ蟇口(がまぐち)を忘れて来たから、ちょっと二十銭貸してくれといった所などは、どうしても学校時代の平岡を思い出さずにはいられない。代助(だいすけ)は玄関まで馳(か)け出して行って、手を執らぬばかりに旧友を座敷へ上げた。

 「どうした。まあ緩(ゆっ)くりするが好(い)い」

 「おや、椅子(いす)だね」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも