[PR]

 10日午後10時10分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の9階建て雑居ビルで、外壁タイルがはがれて路上に落下した。けが人はなかった。壁面にははがれかけた外壁タイルが残り、東京消防庁がはしご車で撤去した。

 同庁によると、落下したのは7階付近の外壁タイルで、大きさは縦約50センチ、横約30センチ。現場はJR新宿駅の北東約200メートルの繁華街の一角で、付近は人や車の通行が規制され、集まった若者たちで騒然とした。

 落下を目撃したアルバイト男性(22)は「ほこりみたいなものが落ち、上を向いたら『ドーン』という音とともに壁が落ちた。落ちたのは、通行人まであと1メートルという場所だった。悲鳴も聞こえた」と話した。