大倉舜二さん(おおくら・しゅんじ=写真家)が6日、悪性リンパ腫で死去、77歳。葬儀は近親者で営んだ。

 ファッション、料理、昆虫、生け花、舞台、東京の風景など幅広い分野の写真を残し、ドキュメントやコマーシャルでも活躍。代表作に、モデル杉本エマを撮影した1971年の「emma」、チョウの生態写真集「ゼフィルス24」など。講談社出版文化賞、日本写真協会年度賞。日本画家、川合玉堂の孫。