[PR]

 東京都渋谷区は、同性同士のカップルから申請があれば、「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行する条例案を、3月区議会に提出する。性的少数者の権利を守るのが狙い。渋谷区によると、全国で初めての制度になるという。

 区によると、同性カップルがアパートやマンションに入居しようとしたり、病院で面会を求めたりする際、「家族でない」と断られるケースがあるという。

 名称は「区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例案」。渋谷区に住む20歳以上の同性カップルに区が「パートナーシップ証明」を発行。互いを後見人とする公正証書の提出などが条件となる予定だ。

 条例案では、区民や区内の事業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら