[PR]

 米ソーシャルメディア最大手のフェイスブックは12日、フェイスブックの利用者が死亡した場合、その後の管理を任せる「相続人」を指定する機能を米国で導入したと発表した。今後、米国以外にも順次広げるという。

 フェイスブックによると、新機能は、利用者が亡くなった場合、あらかじめ指定しておいた友人や家族などの相続人が、亡くなった人のページに葬儀の日時を書いたり、追悼の言葉を書き込んだりできる。また、プロフィルの写真を変えたり、過去の投稿や写真をダウンロードして保存したりすることもできる。ただ、本人がやりとりした過去のメッセージを読むことはできない。

 フェイスブックはすでに、利用者の死亡を証明する書類を受け取った場合にはアカウントを凍結したり、家族の依頼で削除したりするサービスを行っている。ソーシャルメディアは死後の管理が課題になっており、それに対応したものだ。(サンフランシスコ=宮地ゆう)

こんなニュースも