[PR]

 東京都調布市で「デカ盛りウォークラリー」が開かれている。参加店が用意する3・5人前以上の特大メニューを目当てに、遠方からも客が訪れる。

 「わー大きい! おいしそう!」

 15日午前、テーブルにお目見えした巨大サンドイッチに、子どもたちが歓声をあげた。「スリーコンカフェつつじケ丘店」(西つつじケ丘3丁目)の「ぞうさんのサンドイッチ♪」。特注の巨大パンをくりぬき、トンカツやハムなどのおかずと生クリームやフルーツなどを詰め込む。およそ10人前。

 注文したのは小金井市の2家族計9人。3軒目に選んだのがこの店だ。一昨年も参加した渡辺恵さん(39)は「子どもたちが喜び、おなかいっぱいになる」。

 多摩川珈琲(コーヒー)grill&cafe(菊野台1丁目)は、4人前のナポリタンの上にロースカツなどをのせた「フライパンナポカツ」を用意。大学時代の友人と訪れた横浜市の会社員島田弘基さん(27)は、3駅分歩いておなかをすかせて到着。2人で完食した。「調布にはこのイベント以外で来たことがないが、店を選びながら街を歩くのは楽しいですね」

 イベントは2012年末に始まった。翌13年は多摩地区を中心に開かれた東京国体の選手らを呼び込み、盛り上がった。今年は観光協会が主催し、21の店が参加する。価格帯は1千~3千円。スリーコンカフェの昆野安訓店長(39)は「原価割れしている」とこぼすが、「遠くからもお客さんが来てくれる」と喜ぶ。

 3月22日まで。詳細は観光協会ホームページ(http://www.csa.gr.jp/dekamori/別ウインドウで開きます)。(高橋友佳理