[PR]

 男子テニスのメンフィス・オープンは14日、米テネシー州メンフィスで行われ、シングルス準決勝で第1シードの錦織圭が世界ランキング41位のサム・クエリー(米)に5―7、7―6、7―6で逆転勝ちした。15日(日本時間16日)の決勝では、大会3連覇を懸け第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。

 世界ランク5位の錦織は初戦の2回戦から3試合連続で第1セットを落とした。しかし、第2セットを奪い返し、第3セットは先にブレークを許しながら粘り強いプレーで逆転した。

錦織「何度か負けるかもと思った」

 相手のリターンがアウトになるのを見送り、ガッツポーズ。2時間41分の熱戦を制した錦織の表情には、疲れと満足感がにじんだ。

 「試合中に何度か負けるかもしれないと思った」。最終セットは先にサービスゲームを落とし、追う展開。クエリーはサーブが好調だっただけに致命的なブレークになりかねなかったが、「逆境の中でも集中できた」と振り返る。第6ゲームでは、甘くなったドロップボレーに追い付いてパッシングショットを決めるなど、好機を逃さずブレークバック。タイブレークは2―4とリードされてから、精度の高いサーブとストロークで相手のミスを誘い逆転した。

 第2セット途中で手当てを受けた左足小指を気にする場面もあったが、要所での集中力はさすが世界5位。27本のサービスエースを決めたクエリーも、終盤は根負けしたようにミスが増えた。

 決勝の相手も強力なサーブを持つアンダーソン。3連覇を達成すれば大会史上初となる。気負いがあるかと問われ、「ほとんどない。(3連覇)できればいいけど、できなくてもそんなに……」。穏やかな口調はいつも通りだった。(時事)

こんなニュースも