[PR]

 17日午後5時20分ごろ、岐阜県可児市西帷子(にしかたびら)の「名古屋ヒルズゴルフ倶楽部」内の池で、「男の子2人が転落した」との通報が消防を通じて岐阜県警にあった。2人は愛知県犬山市立城東小学校2年の男子児童で、心肺停止状態で病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡が確認された。水死とみられる。

 岐阜県警可児署によると、亡くなったのは、米沢龍音(りゅうと)君(8)と岡崎凌久(りく)君(8)=いずれも犬山市四季の丘4丁目。池は長さ160メートル、幅45メートルの楕円(だえん)形で、水深は最大で5メートル。男児3人で池に石を投げて遊んでいたところ、1人が転落。助けようとした別の1人も転落したという。

 一緒にいた小学1年の男児(7)が自宅に戻って母親(36)に助けを求め、この母親と米沢君の母親(33)が池に入って2人を救助した。母親2人も低体温症で病院に搬送されたが、意識はあり、命に別条はないという。

 現場は可児市と犬山市の県境で、名鉄西可児駅から南西に約2キロのゴルフ場のコース内にある池。男児2人の家は池から約200メートルの範囲内にある。