[PR]

 札幌市は17日夜、来月14日から市内で開催される世界女子カーリング選手権札幌大会のホームページ(HP)が何者かによって改ざんされたと発表した。

 大会組織委員会事務局によると、HPの「チケット一般販売」のページを閲覧すると、元々はなかったファイルのダウンロードを求める表示が出るように改ざんされていた。16日午後3時ごろ、事務局職員がHPの更新作業中に気づき、同4時に公開を停止した。

 不正アクセスは14日から複数回あり、16日午後1時半に改ざんされた後、閲覧制限までに55件の閲覧があった。個人情報の流出はなかったというが、ファイルをダウンロードしてウイルスなどに感染する可能性があったかについては「わからない」としている。

 HP復旧の見通しは立っておらず、事務局は警察に被害の相談をしている。チケットはプレイガイドやコンビニエンスストアで販売しているため、影響はないとしている。