[PR]

 20日午前6時15分ごろ、川崎市川崎区港町の多摩川の河川敷で、若い男性が草むらに倒れているのを通行人が発見し、110番通報した。神奈川県警によると、男性は着衣や所持品がなく、すでに死亡していた。首のあたりに刃物で切られたような傷があった。腐敗が進んでおらず、死後それほど時間はたっていないとみられるという。県警は事件性があるとみて、捜査を始めた。

 現場は京急大師線の港町駅から数百メートル。周辺には工場やマンションが並ぶ。散歩していた対岸の東京都大田区に住む男性は「夜は暗く、人通りも少ない静かな場所。こんなことがあって驚いている」と話していた。