[PR]

 NHKの籾井勝人会長が20日、衆院予算委員会に参考人として招かれ、18日にあった民主党の総務・内閣部門会議で、議員とのやりとりを「くだらん」などと発言したことについて、「私の言葉遣いが誤解を招いているのであれば残念。今後は誠心誠意丁寧な説明を心がけたい」などと述べた。

 階猛衆院議員(民主)の質問に答えた。階氏は籾井会長が部門会議で、国会を「場外」と表現するなどした発言を問題視。資質を問い、会長就任要請の経緯について説明を求めた。籾井会長は「会長の人事につきましては経営委員会が選び決められるもの」と話した。

 階氏は、会長の任命権と罷免(ひめん)権を持つNHK経営委員会の浜田健一郎委員長に対して、籾井会長を罷免する考えはないかと質問。浜田氏は「会長には事態を一刻も早く収拾し、来年度の予算の承認を得て頂きたい」などと答えた。