[PR]

 「同性婚」にも祝い金を――。20人に1人とされるLGBT(性的少数者)が働きやすい職場をつくるため、福利厚生の制度を改める企業が増えつつある。先行する企業は、他社や自治体への波及を期待する。

 英国の化粧品会社の日本法人「ラッシュジャパン」は1月下旬、正社員が同性をパートナーとして届け出れば配偶者と見なして祝い金を支給し、5日間の慶事休暇を取れるようにした。育児休暇や、パートナーの親の介護休暇も取れる。

 ゲイの男性社員(39)は「(制度導入は)すごくうれしい。いつかタイミングが来たら使いたい」と喜ぶ。人事担当者は「同じようなことをする会社が1社でも増えれば」。同社は採用時のエントリーシートに性別を書く欄もなくしたという。

 神奈川県愛川町の本社で1月中旬にあった社員研修では、レズビアンカップルとして結婚式を挙げた元タラカジェンヌの東小雪さん(30)と増原裕子さん(37)を講師に招いた。

 法律上の配偶者として扱われな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら