[PR]

 代助は今この親爺と対坐している。廂(ひさし)の長い小さな部屋なので、居ながら庭を見ると、廂の先で庭が仕切られたような感がある。少なくとも空は広く見えない。その代り静かで、落ち付いて、尻の据(すわ)り具合が好(い)い。

 親爺は刻(きざ)み烟草(タバコ)を吹かすので、手のある長い烟草(タバコ)盆(ぼん)を前へ引き付けて、時々灰吹(はいふき)をぽんぽんと叩(たた)く。それが静かな庭へ響いて好(い)い音がする。代助の方は金(きん)の吸口(すいくち)を四、五本手焙(てあぶり)の中へ並べた。もう鼻から烟(けむ)を出すのが厭(いや)になったので、腕組をして親爺の顔を眺めている。その顔には年の割に肉が多い。それでいて頰(ほお)は痩(こ)けている。濃い眉(まゆ)の下に眼の皮が弛(たる)んで見える。髭(ひげ)は真白といわんよりは、むしろ黄色である。そうして、話をするときに相手の膝頭(ひざがしら)と顔とを半々に見較(みくら)べる癖がある。その時の眼の動かし方で、白眼(しろめ)がちょっとちらついて、相手に妙な心持をさせる。

 老人は今こんな事をいっている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも