[PR]

 欧州連合(EU)は20日、ブリュッセルで臨時のユーロ圏財務相会合を開き、2月末に期限を迎えるギリシャへの金融支援を、4カ月間延長することで合意した。これによりギリシャがユーロ圏離脱や債務不履行に陥る事態は土壇場で回避された。今の支援の枠組みが基本的に維持され、財政緊縮策に反対するギリシャのチプラス政権は譲歩を余儀なくされた形だ。

 会合の声明によると、ギリシャは改革案のリストを23日までに提出し、EUなどが評価したうえで、4月末までに合意する。ギリシャが19日に申請した支援延長は6カ月間だったが、4カ月間に短縮された。

 声明は、緊縮策を伴う「現行の支援の枠組み」を続けることを強調。さらにギリシャ政府が構造改革に取り組み、財政に悪影響を与える措置などをとらないことも約束した。

 声明には「ギリシャとEUなど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも