[PR]

 年金額の伸びを物価・賃金より低く抑える「マクロ経済スライド」を、物価下落時にも実施できるようにする見直しについて、厚生労働省は、今の国会での法改正を見送る方針を決めた。将来世代の年金の目減りを食い止める改革として導入を目指したが、高齢者の反発が大きいとみる与党の理解を得られなかった。

 マクロ経済スライドは2004年に導入された。いわば年金の少子高齢化対策だ。年金額は毎年度、物価や賃金の状況にあわせて増減するが、物価などの上昇幅より年金の増額を抑える。保険料を負担する現役世代が減り、年金をもらう高齢世代が増えても、支給額をまかなえるよう自動調整する仕組みだ。

 この抑制策には、デフレ時には発動しないルールがある。物価下落に連動して年金が減り、加えてマクロ経済スライドを実施すれば、高齢者には二重の減額となるからだ。

 マクロ経済スライドは今年4月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも