[PR]

 障害のある人もない人も一緒に楽しめる「ユニバーサルスポーツ」を体験する催しが22日、笛吹市スコレーセンターであり、約150人が参加した。笛吹市と山梨学院大が連携して企画した。

 ユニバーサルスポーツは、障害の有る無しや年齢の差にかかわらず、簡単な動きで気軽にできる。ボールを投げたり転がしたりして目標のボールに近づける「ボッチャ」は、パラリンピックの正式種目にもなっている。

 会場ではボッチャのほか、柔らかい棒を使う「スポーツチャンバラ」や、円盤型の遊具を輪の中やパネルに向かって投げる「フライングディスク」など七つのコーナーが設けられた。

 両脚に障害があり、車いすを使…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら