[PR]

 市民2人が亡くなったデンマークの連続テロ事件の容疑者が射殺されて22日で1週間。テロは、中東などからの移民を積極的に受け入れてきた「世界一幸福な国」が抱えるひずみを、浮き彫りにしている。

 コペンハーゲン北西部の繁華街に近いアパート前。地面に黒ずんだ血液のしみ、玄関に数発の銃弾の跡が残る。(イスラム教の預言者)ムハンマドの風刺画家が参加する討論会場と、ユダヤ教礼拝所を襲撃したオマル・フセイン容疑者(22)は15日朝、ここで警察に射殺された。

 現場を訪ねてきたモロッコ系2世の女子学生リナ・ココさん(23)は事件後、路上で「お前らのせいだ」と怒鳴られた。イスラム教徒のスカーフを理由にバイトの採用を断られたこともある。「私も時々、疎外感を持つ。なぜ事件を起こしたか話し合う必要がある」

 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のイスラム教徒、アドナン・アブディッチさん(29)も訴えた。「事件の原因は、『表現の自由』を盾に風刺画でイスラム教徒を侮辱した人たちだ」

 1993年に内戦中の母国を逃れた。デンマークでは難民申請が認められるなどして滞在許可が出ると、生活費のほか、語学や職業訓練などの支援を受けられる。アブディッチさんもおかげで専門学校を卒業できた。

 だが、「移民の社会への融合が語られるとき、国が手厚い保護をする代わりに、自分の宗教や文化の一部を捨てろと言われているように感じる」と話す。

受け入れ政策、岐路

 デンマークは世界有数の福祉国家で知られる。2013年の国連の報告書では、1人あたり国内総生産(GDP)や汚職度などの指標に基づく「幸福度」が世界1位になった。

 60年代から労働力不足を補う…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも