[PR]

 「元気で明るい子」。川崎市の多摩川河川敷で遺体となって発見された中学1年生、上村(うえむら)遼太さん(13)について、同級生たちは一様に声をそろえる。だが、数カ月前からは高校生や他校の中学生などと遊ぶことが多くなり、今年1月からは不登校が続いていた。神奈川県警は、この交友関係の変化の中で何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 ある友人は1カ月ほど前、上村さんの自宅近くの公園で目の周りを腫らしている上村さんに会った。大きな黒いあざになっており、「まるでパンダのようだった」という。

 「どうしたんだ」と理由を尋ねても、口をもごもごさせてなかなか話そうとしなかった。さらに尋ねると、「殴られた」と答え、その相手として年上の少年の名前を挙げたという。

 上村さんは家庭の事情で、小学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら