[PR]

 所得税の確定申告のシーズンまっただ中。最近は2人に1人がパソコンで申告書を作り、収支を記録する会計ソフトのハイテク化も進む。一方で、「何が経費にできるのか」という悩みも多い。

 「自動で税額を計算してくれるのは便利ですね」。病院事務として働く久保直美さん(55)は24日、堺税務署(堺市)で言った。整骨院を営む次男の代理で確定申告に来たという。

 久保さんが利用したのは昨年に続いて2度目の電子申告・納税システム「e―Tax(イータックス)」。パソコンに収入と経費を入力すると、納税額を計算してくれる。画面上でできあがった申告書はそのまま電子データで送るため、申告にかかる時間はわずか10~15分だ。

 近畿で最多の約13万人が申告する堺税務署にはパソコン40台が並ぶ。整骨院にパソコンはあるが、久保さんは「慣れていないから」と今年も税務署員の手ほどきを受けた。「ゆくゆくは自分だけで申告したい」

 パソコンで申告書を作れるシステムは2003年、e―Taxは04年から導入された。パソコンで作ると税額の計算ミスや記入漏れも分かり、税務署員は「手書きの申告書よりチェック時間が少ない」と言う。

 一方で、13年分の所得税の申…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら