[PR]

 川崎市川崎区で中学1年生の上村(うえむら)遼太さん(13)が殺害された事件で、上村さんが冬休み明けに学校を欠席するようになって以降、担任教諭は母親や本人への電話や家庭訪問を繰り返していた。だが、結果的に本人と接触できたのは事件の4日前。命を守れなかったことから、川崎市教委は経緯の検証を始めた。

 市教委によると、上村さんは昨年の夏休み以降、バスケットボールの部活を休みがちになり、冬休み明けの1月8日から不登校になった。担任は同日、母親の携帯に電話。「学校へは家の用事で行かない」と言われた。その後も毎日のように自宅や母親の携帯に電話を続けた。「本人と連絡がつかない」「自発的に登校するまで様子を見る」「寝ている」……。母親はそう答えたという。

 担任は1月19日以降、5回にわたって家庭訪問したが、母親や本人とは会えなかった。2月6日に母親と電話がつながったときは、「そろそろ登校するかも」。16日になって担任は本人の携帯電話の番号を把握。ようやく本人と話ができ、「テストがあるから学校においで」と促すと、「そろそろ行こうかな」と答えたという。18日にも母親に電話で尋ねており、電話は計34回にのぼった。

 近所の人などによると、上村さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら