[PR]

 国公立大入試の2次試験の前期日程が25日、全国で始まった。前期日程は161大学542学部に25万8870人が出願。募集人員(8万144人)に対する倍率は3・2倍で昨年度より0・1ポイント下がった。中期日程は3月8日から、後期日程は同12日からそれぞれ始まる。

 大手予備校河合塾の集計によると、学部別の志願者は、「法・政治」や「社会・国際」といった文系で増えた一方、理系学部は軒並み減少。ここ数年続いてきた「文低理高」の傾向は弱まったという。