[PR]

 ヘルシーな献立で評判を呼ぶ健康計測機器メーカー、タニタ(本社・東京)の社員食堂。そのメニューを再現したレストラン「タニタ食堂」が25日、天理市蔵之庄町の高井病院にオープンした。全国でまだ5店舗目。職員、来院者だけでなく、一般客も利用できる。

 計測機器を扱うタニタは、「メタボ社員をなくそう」と管理栄養士が考えた日替わり定食を社員食堂で提供している。レシピ本がベストセラーになり、東京・丸の内のオフィス街に1号店を2012年にオープン。その後、業務提携先と組んで東京、福岡市、秋田市に出店。住友病院(大阪市)など三つの提携店舗にレシピを提供している。

 高井病院は昨年8月、本館を新築移転。待合室に使っていた旧本館(西館)の空きスペースを活用しようと、タニタ食堂を誘致した。レシピの提供を受け、病院給食会社の富士産業(東京)が運営する。延べ床面積は約240平方メートル、座席数は78席。

 メニューは日替わり定食1種類…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら