[PR]

 埼玉県がコバトンと並ぶ新たなPRキャラクターとして売り出し中の「さいたまっち」が開会中の県議会で取り上げられ、「鳥なのか、ミツバチなのか分からない」などとキャラ設定を疑問視する意見が出た。

 県は昨秋、新キャラ「さいたまっち」を発表した。これについて沢田力県議(自民)が一般質問で「コバトンの改良でなく、全く新しいキャラの登場に驚いた。自分のイメージと大きくかけ離れたもので、多くの県民もそう思っているのでないか」と指摘。「県のキャラクターが2体もいると、コンテストで共倒れしてしまわないか」とただした。

 これに対し、福島勤・県民生活部長は「(ずんぐり体形で)おっとりしたコバトンに対し、(ほっそり型で)軽快な動きのさいたまっち。異なる個性のコンビで盛り上げていきたい」と理解を求めた。