[PR]

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で市立中学1年の上村(うえむら)遼太さん(13)の遺体が見つかった事件で、神奈川県警は27日、いずれも同区に住む18歳の少年1人と、17歳の少年2人を殺人容疑で逮捕し、発表した。3人とも容疑を否認しているという。

 発表によると、リーダー格とみられる自称無職の少年(18)は「何も言いたくない」と供述。自称無職の少年(17)と自称職人の少年(17)はともに、自身の殺害への関与を否定した。一方、捜査関係者によると、17歳の少年2人は「やったのは18歳の少年だ」と説明しているという。

 県警によると、3人は共謀して20日午前2時ごろ、同区港町の多摩川河川敷で、刃物を使って上村さんの首を突き刺すなどして殺害した疑いがある。死因は首の刺し傷などによる出血性ショックだった。

 県警は、上村さんが亡くなる前に無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使ってやりとりをしていた相手を特定。現場周辺の防犯カメラでは、犯行時間ごろに上村さんを含む4人が河川敷の方面に向かう姿を確認。時間をおいて戻ってきたのは上村さんを除く3人だった。上村さんが普段から遊び歩くなど行動をともにしていた少年グループの中で、逮捕された3人が事件に関与した疑いが浮上したという。

 上村さんは19日夜、母親と自宅で夕食をとった後に外出。20日午前6時過ぎに、河川敷の草むらで遺体としてみつかった。着衣や所持品はなく、近くでは血の付いたカッターナイフの刃がみつかっていた。

 約700メートル離れた公園の公衆トイレでは、20日午前3時ごろに衣服や靴が燃える火事が発生。別の防犯カメラには、公園に向かう3人の姿が映っており、県警は3人が証拠隠滅のため燃やしたとみている。