[PR]

 安倍晋三首相は28日夜、福島県郡山市の磐梯熱海温泉の旅館で、英国のウィリアム王子を夕食会に招いた。2人は浴衣姿で福島県産食材をつかった和食を味わった。

 安倍首相は「殿下の福島訪問は東北の被災者に勇気を与えていただいた。福島のおいしい食材を堪能していただきたい。風評被害を払拭(ふっしょく)する上で大きな力になる」。ウィリアム王子は「日本国民と日本政府に温かく迎えていただき、心から御礼を申し上げたい。あらゆる場所ですばらしい歓迎を受けた」と話した。

 夕食会では会津地鶏や福島牛のしゃぶしゃぶ、郡山産の白髪ネギやコシヒカリなど、福島の食材をふんだんにつかったメニューが振る舞われた。

 2人はこの日、放射線の影響を気にせず子供が遊べるように設けられた福島県本宮市の屋内遊び場も訪れ、子供たちと交流した。(竹山栄太郎)