[PR]

 硬いパンとチーズが売りで、数年前に閉店したパン店「パン&(アンド)フロマージュ『モンドール』」が3日、青森市安方1丁目に復活する。店主の駒谷範仁さん(43)は「以前の味を再現するとともに、果物風味のパンも提供したい」と意欲を見せる。

 駒谷さんは同市出身。子どものころからパンが好きで、青森山田高調理科に進んだ。卒業後はアルバイトをしていたが、22歳のとき、パン店の店員募集の貼り紙を見て入社した。

 働き始めると、パンは予想以上に種類が多いことに気がついた。休日にパン店巡りをし、約2年後、硬いパンがおいしかった弘前の店に移った。また、ワインを飲み始めたことからチーズも好きになったという。

 26歳のとき、「若さと勢い」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら