[PR]

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(4月16日~18日、東京・代々木競技場)に、中国・上海で開催された世界選手権で銀メダルを獲得した男子の羽生結弦(ANA)と女子の宮原知子(大阪・関大高)が出場する。31日、日本スケート連盟が発表した。両選手とも、初出場。

 羽生は東京都内であった会見で「緊張している。自分の演技が、チームジャパンのためになるのが普段と違う。チームに貢献するために、良い演技をしたい」。宮原は「一番良い演技をして、チームを応援したい」と抱負を語った。

 両選手のほか、男子は無良崇人(HIROTA)、女子は村上佳菜子(中京大)、ペアは古賀亜美(オリオンク)、フランシス・ブードロオデ(カナダ)組、アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)が出場する。ペアで世界選手権に出場した高橋成美、木原龍一組(木下ク)は、ペア解消が発表された。

 主将の無良は「チーム一丸となって、最後の最後までやりきれば優勝が見える」と語った。村上は「みんなで力を合わせて、心は一つにして頑張りたい」と誓った。

     ◇

 大会はテレビ朝日系で放送される。放送日程は以下の通り。

 4月16日午後6時30分~

 男女ショートほか※

 17日午後8時~

 男子フリーほか※

 18日午後6時30分~

 女子フリーほか

 19日午後6時57分~

 エキシビションほか

 ※は一部地域を除く

こんなニュースも