[PR]

 性的少数者(LGBT)のための「成人式」が1日、名古屋市内であった。女性として生まれ、今は男性として大学生活を送る新成人が登壇。「自分の感性を信じて胸を張って生きていきたい」と誓いの言葉を述べた。

 「会場は、私が中学時代を過ごした大切な場所。私が学校を去った時、こうして話ができる日が来るとは夢にも思いませんでした」

 名古屋市昭和区の南山学園の講堂で開かれた式典。スーツ姿で壇上に立った恒川裕紀(ゆうき)さん(20)は、全国各地から集まった約160人の参加者を前にこう話を切り出した。

 小さい頃から活発で、友達からは「男だったら良かったのに」と言われた。「オトコオンナ」とからかわれると、「うるせぇ」と言い返していた。

 南山中学の女子部へ進学。「女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら