[PR]

 【松尾慈子】本紙連載「オトナになった女子たちへ」でもおなじみのギャグ漫画家・伊藤理佐。私が愛する漫画家の1人なのだが、出産を機に落としていた仕事のペースをここんとこ一気に戻したのか、単行本と文庫本を3カ月連続、計6冊刊行している。恐るべし。表題作はその6冊のうちの2冊、伊藤の30年にわたるダイエット経験を記した実録漫画だ。「楽して痩(や)せたい甘口篇(へん)」と「とにかく痩せたい辛口篇」がある。

 登場するダイエット方法は、甘口篇が、エンダモロジー(機械と人の手でマッサージしてもらうので本人は寝るだけ)、耳ツボダイエット(刺すだけ)、スヴェルト(クリスチャン・ディオールのボディーケア化粧品。引き締め効果があるとして1995年ごろに大流行)などなど。これが辛口篇になると、雑誌「クロワッサン」の企画で中村格子さん考案の体操を2週間続けてみたり、野菜を最初に食べるという浜内千波さん提唱「ベジ・ファースト」で食生活を変えてみたりと、辛口にがんばっている。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら