[PR]

【2013年11月20日夕刊】

 里見香奈(21)は二つの物語を生きている。一つは女流棋士の物語。もう一つは奨励会員の物語だ。

 5歳で将棋を覚え、小学6年で女流棋士を養成する女流育成会に入った。地元の島根から深夜バスで片道12時間かけて上京し、1年後に女流棋士に。鋭い攻め将棋で「出雲のイナズマ」の異名をとり、16歳で初タイトルを獲得してから圧倒的な強さでタイトルを次々に奪っていった。

 脚光を浴びるなか、里見は男性…

この記事は有料会員記事です。残り845文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り845文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り845文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも