[PR]

 民事再生中の航空会社「スカイマーク」は4日、新しい運航ダイヤ(9月1日~10月24日)を発表した。茨城空港発着の国内線について、神戸空港経由の那覇便は機材繰りの変更を理由になくなる一方で、札幌便や福岡便は2月からの減便同様、一日1往復になる。

 今回の発表で、すでに一部を公表している夏ダイヤ(3月29日~10月24日)の全期間が出そろった。

 新ダイヤで運休する那覇便は現在、神戸空港の経由便が一日1往復ある。経由便が運休になっても神戸空港での乗り継ぎはできる。運賃について「経由便と比べて大きな差がでないよう検討している」(同社マーケティング広報課)としているものの、空港内での待ち時間は一部でこれまでより長くなる。

 札幌便と福岡便はそれぞれ一日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら