[PR]

 東日本大震災の被災地で、津波で流され、回収された写真の返却を打ち切る自治体が相次いでいる。ボランティアが中心となり、泥まみれの写真を一枚一枚丁寧に洗い、持ち主を捜し出してきたが、震災4年を区切りにする。残された写真を処分してよいかどうかの悩みもある。

 宮城県女川町は11日、写真返却を終える。これまで9万枚余りを回収し、半数強の約5万枚を持ち主のもとに戻した。残った写真は町が焼却処分する。写真を捜す人が減り、保管場所も不足しているからだ。

 町の総合体育館では、最後となる返却展示会が連日開かれている。山川勝善さん(70)夫妻は8日、ずらりと並んだアルバムの中から、黄色くなった一枚の写真を手にとった。「礼子の結婚式のときのだ」

 次女の礼子さんは嫁ぎ先の町で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら