[PR]

 リッパート駐韓米大使が5日、ソウルで韓国人の男に切りつけられて大けがを負い、米韓両国に衝撃を与えた。米政府高官の発言をめぐって両国間にすきま風が吹いていただけに、両政府は同盟関係への悪影響を最小限にとどめようと苦心している。

 搬送先の病院によると、大使は右あご付近に長さ約11センチ、深さ約3センチの傷を負い、手術で約80針を縫った。

 「分離した事件(アイソレーテッド・インシデント)として処理する」

 韓国外交省関係者によると事件後、米韓の外交当局者はソウルとワシントンで直ちに連絡を取り合い、今回の事態の影響を最小限に抑えることで一致した。「分離」とは、米韓同盟や両国間の他の問題とは関係なく、独立して処理するという意味だという。

 米韓の間では最近、2月27日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも