[PR]

 米ロサンゼルスで5日午後2時20分(日本時間6日午前7時20分)ごろ、米国人俳優のハリソン・フォードさんが操縦する小型機が、離陸直後に墜落した。AP通信などが伝えた。フォードさんは重傷を負って近くの病院で手当てを受けているが、意識はあるという。

 地元メディアによると、フォードさんの小型機は、ロサンゼルス近郊のサンタモニカ空港を離陸した直後に、近くのゴルフ場に墜落した。乗っていたのは、フォードさん1人だった。フォードさんが操縦していたのは、第2次大戦時代の小型機で、墜落原因などは調査中という。

 ゴルフ場でプレーをしていた目撃者が地元メディアに語ったところによると、墜落した機体からフォードさんを4、5人で引っ張り出した。フォードさんは顔に深い傷を負い顔中が血だらけになっていた。市当局者は、墜落現場は住宅地と隣接しており、「墜落したのがゴルフ場だったのは幸いだった」などと話している。

 フォードさんは、長年小型機やヘリコプターを操縦しており、過去にも何度か墜落経験があるという。また、フォードさんの息子がツイッターで、「父は大丈夫。信じられないくらい強い人だから」などと伝えた。(ロサンゼルス=平山亜理