[PR]

 富山県氷見市で2002年に起きた強姦(ごうかん)、同未遂事件の犯人とされ約2年間服役し、再審無罪が確定した柳原浩さん(47)が、国や県などに計約1億400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、富山地裁であった。阿多麻子裁判長は、県警の取り調べに違法な点があったと認定。県に約1970万円の賠償を命じた。国や、取り調べを担当した警察官、起訴した検察官個人への請求は棄却した。

 阿多裁判長は、県警の取調官が柳原さんに犯行状況を問いただす際「はい」「いいえ」で答えさせるなど、期待する回答が出るまで質問を続けるなどした点を問題視。捜査幹部についても「犯行の主要部分をほとんど何も供述できなかったことを認識していた」などと指摘し、警察官の裁量を逸脱・乱用したと判断した。

 一方、原告側が主張した取り調べにおける脅迫、暴行は認めなかった。

 事件は02年1、3月に発生。女性2人が自宅で強姦、同未遂の被害に遭った。似顔絵をもとにした聞き込みや被害者の供述から浮上した柳原さんが2事件で逮捕・起訴され、富山地裁高岡支部で懲役3年の実刑判決を受けた。出所後の06年、別の強制わいせつ事件で鳥取県警に逮捕された男が犯行を自供。07年1月に富山県警が柳原さんの誤認逮捕を発表し、同10月に再審無罪が確定した。

 再審では冤罪(えんざい)に至った経緯は解明されなかったため、柳原さんが09年5月、国と県に加え、取り調べ担当の警察官と検察官を提訴した。

 原告側は「警察による暴行、脅迫で虚偽の自白を強要された」と主張。柳原さんが犯行時、自宅にいたことを示す固定電話の通話履歴があったことや、現場に残った靴跡が柳原さんの足より大きかったことを踏まえ、「無実につながる複数の証拠を無視した重大な過失がある」と訴えた。

 一方、国と県は暴行や脅迫による自白強要を否定。通話履歴については「被害者と原告との通話の有無を調べる目的で入手したため、アリバイとして認識できなかった」として、意図的な隠匿や無視はなかったと主張。請求棄却を求めていた。(竹田和博)