[PR]

 米マイクロソフトは6日、京セラのスマートフォンが特許を侵害したとして、米国内で該当するスマホの販売差し止めを求め、ワシントン州の連邦地裁に提訴した。ロイター通信が報じた。

 マイクロソフトは、京セラのスマホで使われている位置情報サービスやメッセージの技術について、特許侵害があったとしている。マイクロソフトは「京セラには敬意を払っているが、使っている技術には許可が必要だ。友好的な解決を願っている」とコメントしているという。(サンフランシスコ=宮地ゆう)

こんなニュースも