[PR]

 東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故から4年を迎えるのを前に、脱原発を訴える集会とデモ「3・8さようなら原発三重パレード」が8日、津市内であった。約700人(主催者発表)が集まり、原発事故の風化防止や原発再稼働の反対などを訴えた。

 津市役所前で開かれた集会では、スペシャルゲストの社会派アイドルグループ「制服向上委員会」がミニコンサートをして会場を沸かせた。代表曲「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」では「♪忘れないよ原発事故のこと 覚えておこう被害の大きさ」と歌って踊った。

 リーダーの清水花梨(かりん)さん(18)は、県南部で計画されていた芦浜原発が白紙撤回された歴史を学んだという。「私たちの声は政府に届いてないと思うこともあるが、反対運動で原発を跳ね返したと知った。全国に広げていきたい」

 その後、原発の再稼働や輸出に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら