[PR]

 第64回NHK杯テレビ将棋トーナメントの準決勝第2局・行方尚史八段(41)―橋本崇載(たかのり)八段(32)戦が8日、NHKのEテレで放送され、橋本八段が「二歩」の反則を犯して敗れるハプニングがあった。橋本八段は名人挑戦権を争うA級順位戦にも在籍した実力者で、自らバーも経営する異色の人気棋士。

 「二歩」は、自分の歩がある同じ縦の列に持ち駒の歩を打つこと。禁じ手の一つで、反則負けになる。プロの対局でもまれに起こるが、トップ棋士の対局で出るのは極めて珍しい。

 橋本八段は中盤の勝負どころで持ち時間を使い切り、秒読みに追われるように92手目で「二歩」を着手した。その瞬間、両対局者とも「あっ」と声を発して頭を抱えた。橋本八段は「すみません。失礼しました」と謝っていた。

こんなニュースも