【動画】兵庫県洲本市の現場付近=朝日新聞社ヘリから、山中瑞喜撮影
[PR]

 9日午前7時15分ごろ、兵庫県南部・淡路島の洲本市中川原町中川原の民家で「お父さん、お母さんが刺された」という110番通報が、女性(32)からあった。県警によると、この民家に60~80歳ぐらいの男女3人が血を流して倒れており、まもなく死亡が確認された。また、約100メートル南にある別の民家では、80歳くらいの男女2人の遺体も見つかった。いずれも刃物のようなもので刺されたとみられる。

 県警は、現場付近に立っていた近くに住む自称無職、平野達彦容疑者(40)の服に血がついており、刺したことを認めたため、通報された民家で見つかった3人への殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べる。逮捕後は「弁護士が来たら話す」と供述。凶器はまだ見つかっていないという。

 県警によると、通報された民家では60歳くらいと80歳くらいの女性2人が家の中で、60歳くらいの男性1人が敷地内でそれぞれ倒れていた。別の民家で遺体で見つかった男女2人も血を流しており、いずれも刺殺されたとみて、平野容疑者の関与を調べる。

 県警は、5人の身元の確認を急ぐとともに、平野容疑者と被害者との間に何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて詳しい経緯や動機を調べる方針。

 平野容疑者の自宅は、80歳くらいの男女2人の遺体が見つかった民家の東隣にある。近所に住む女性(70)によると、平野容疑者は父と祖母と3人暮らしで、被害者の一部と親族とみられるという。中学校を卒業した頃から自宅に引きこもるようになった。数年前からインターネット上に書き込みを始め、今年1月ごろには、近所の人々の悪口を書いているとうわさになったという。

 現場は洲本市役所がある中心街から北西へ約3キロの山間部。田や畑が広がり、民家が点在している。約1キロ北西には市立中川原小学校がある。