[PR]

 兵庫県・淡路島の洲本市中川原町中川原で9日、民家2軒の住人計5人が殺害された事件で、県警が無職平野達彦容疑者(40)=殺人未遂容疑で現行犯逮捕=の自宅から凶器とみられるナイフを押収したことが捜査関係者への取材でわかった。死亡した5人全員に複数の刺し傷があったといい、県警は強い殺意を裏づけるものとみている。

 死亡したのは平野浩之さん(62)、妻の方子(まさこ)さん(59)、母の静子さん(84)と、約100メートル南に住んでいた無職平野毅(たけし)さん(82)、妻の恒子(つねこ)さん(79)。県警は10日午前、浩之さん家族3人に対する殺人容疑で平野容疑者を神戸地検に送検した。

 捜査関係者によると、9日に平野容疑者の自宅を家宅捜索し、複数の刃物を押収。その中に凶器とみられるナイフ1本が含まれていたという。県警は10日午前、家宅捜索を再開し、浩之さんと毅さん宅などの現場検証を始めた。

 県警によると、9日午前7時15分ごろ、浩之さんが「家に人が来て刺された」と携帯電話で110番通報。「(自分は)自宅の外に出ている」と話しており、平野容疑者から逃げながら電話をかけたとみている。洲本署員が駆けつけると、浩之さんが自宅付近の屋外、妻の方子さんと母の静子さんが自宅屋内で血を流して倒れていた。同居の長女(32)は逃げ、近所から「お父さん、お母さんが刺された」と110番通報した。

 毅さん夫妻は県警の捜索で自宅で発見された。遺体の状況から死後1時間以上経っていたとみられる。同居の50代の娘と30代の孫の男性は無事だった。県警は、毅さん夫妻が最初に殺害されたとみている。