[PR]

 村山富市元首相は11日、戦後70年談話について、「(戦後50年に村山談話を出して他国との関係が)安定している中に波紋を投げかけて、『また昔の日本に戻るのか』と誤解されている。日本は孤立するのではないか」と述べ、懸念を示した。

 村上正邦・元自民党参院議員会長や矢野絢也・元公明党委員長、山崎拓・元自民党副総裁ら、超党派の国会議員OBらでつくる有志団体「さとやま・草莽(そうもう)の会」が、国会近くの憲政記念館で開いた初会合で語った。

 村山氏は「安倍談話には世界が注目している」と指摘したうえで、「安倍(晋三)首相は(村山談話に盛り込まれた)『侵略』やおわびの言葉について、若干の疑義を持っているんじゃないか」との見方を示した。

 山崎氏も「私は村山談話を全面的に支持している」と述べた。(星野典久)

こんなニュースも