[PR]

 過激派組織「イスラム国」(IS)による邦人人質事件をめぐり、菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、政府の危機対応を検証する委員会で意見を聴く有識者として池内恵(さとし)・東大先端科学技術研究センター准教授ら5人を選んだと発表した。

 菅氏は「検証内容に対して、専門的かつ第三者的な観点から意見をもらい、反映させる形で検証結果を取りまとめたい」と述べた。3月下旬に検証委員会と有識者全員の合同会議を開いた後、有識者から個別に意見を聴く。最終的な報告書は、大型連休明けの5月ごろにまとめる予定。

 池内氏以外の有識者は、長(おさ)有紀枝・立教大教授▽小島俊郎・共同通信デジタル執行役員▽田中浩一郎・日本エネルギー経済研究所中東研究センター長▽宮家邦彦・立命館大客員教授。