リチャード・グラッツァーさん(米国の映画監督)がAP通信などによると10日、ロサンゼルスで死去、63歳。

 52年、ニューヨーク生まれ。バージニア大学で博士号を取り、その後映画やテレビ番組製作に携わった。11年に筋萎縮性側索硬化症と診断されたが、若年性アルツハイマーになった女性を描いた映画「アリスのままで」(14年)を、同性のパートナー、ワッシュ・ウェストモアランドさんと監督。今年のアカデミー賞では、主演のジュリアン・ムーアさんが主演女優賞を受賞した。(ロサンゼルス=平山亜理