[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古に移設する国の計画が12日、再び大きく動き出した。防衛省は約半年ぶりに辺野古沖での海底ボーリング調査を再開。昨秋の県知事選など沖縄の最近の選挙では、辺野古移設反対の民意が相次いで示されたが、安倍政権は移設推進の姿勢を改めて明確に打ち出した形だ。沖縄では反発が強まっている。

 知事選で辺野古移設阻止を公約して当選した翁長雄志知事は12日、「県民に説明がない中で物事を進めるのは許せない」と報道陣に語った。辺野古沖の埋め立て工事に必要な岩礁破砕許可を取り消す可能性について尋ねられると、「しっかり対応していくということだ」と含みを持たせた。

 同じく移設反対の稲嶺進・名護市長は翁長氏が移設作業中止を沖縄防衛局に求めていることを踏まえ、「全く聞く耳を持たないというのは一体何なのか」と国を批判した。

 ボーリング調査は埋め立て工事…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら