[PR]

 フィリピン中部シブヤン海で見つかった「戦艦武蔵」の様子が13日午前、インターネットで世界中に生中継された。映像から、艦体の各部が海底に散在している状況が判明。沈没時に爆発が起きたとみられる。戦闘の激しさを物語る貴重な資料だとして、研究者は艦体の保存や映像の解説・展示に動き出した。

 映像は、発見者の米マイクロソフト共同創業者ポール・アレン氏の調査チームが無人の探査機に搭載したカメラで撮影、同氏のサイト(http://musashi.paulallen.com/別ウインドウで開きます)を通じて世界に同時配信した。魚雷で激しく損傷した艦首付近、「大和」型の戦艦として特徴的な対空砲、プロペラ用のシャフトなどが鮮明に映し出された。

 武蔵は全長263メートルだが、艦橋の残骸や高角砲などは長さ880メートル、幅500メートルにわたって水深約1千メートルの海底域で見つかった。艦尾は艦首と離れた場所で発見。調査チームは「沈没時に少なくとも1回、火薬庫が大規模な爆発を起こした」と分析する。爆発で艦体は大きく二つに分断され、まだ発見されていない艦上機などは大破し、海底に埋もれた可能性があるという。

 日本の研究者の間では、東シナ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら