[PR]

 東海地方を地盤とするコンビニ中堅のココストアの買収に、3位ファミリーマートが乗り出した。2位ローソンは買収交渉から撤退し、ファミマが有力になった。ファミマは、4位サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスとも経営統合の交渉に入っており、規模の拡大を急ぐ。

 ファミマは13日、「ココストアとの経営上の協力関係について、親会社の盛田エンタプライズと協議している」と発表。盛田エンタプライズは「経営上の選択肢を検討しており、その中でファミマとも協議している」と公表した。

 ココストアは名古屋市に本社がある。昨年末時点で東海、関東、九州などで約440店の「ココストア」と、九州で220店の「エブリワン」を展開している。グループ各店の売上高の合計は2014年5月期で約930億円。

 ファミマとサークルKサンクス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも