宮城県を訪問中の天皇、皇后両陛下は14日、東日本大震災で被災した東松島市の農業生産法人「サンエイト」を視察した。栽培ハウスの中でイチゴの栽培状況を見て回り、12粒ずつイチゴを摘んだ。天皇陛下は「(イチゴ摘みに)ずいぶん慣れました」と笑顔で話したという。

 両陛下は従業員一人一人にも声をかけた。皇后さまは「ご家族はご無事でしたか」「大変な経験だったでしょうね」といたわり、天皇陛下は「どうぞみなさんお元気でね」と話した。

 その後、石巻市に震災後初めて入り、宿泊先のホテルで亀山紘市長から復興状況の説明を受けた。市長が人口減少を産業振興で食い止めたいと伝えると、天皇陛下は「ぜひ頑張ってください」と話したという。